結局何に投資すればいいの?まずは株主優待からはじめよう!

結局何に投資すればいいの?

老後のためには資産運用が必要です。

金融庁から「厚生年金だけでは老後2000万足りないので各自貯めてね」とアナウンスがあったように我々一人ひとりが実績していかなければなりません。

じゃあ実際に投資ってどれだけあるのだろう。思いつくあたりを記載してみました。

株式投資 まずは思いつくのが株式投資です。ただ株価の変動があるため、リスク・リターンもそこそこです。ただし、投資額以上の損はしません。
投資信託 国内・国外問わず様々な金融商品の中から選択可能。運用もプロに任せることができますが手数料がかかります。NISAや確定拠出年金と相性がいいですね。
最近ではロボアドバイザーなどの自動でポートフォリオを組くサービスなどもあります。
ETF
(上場投資信託)
投資信託そのものが上場されたものです。株式投資と違いいつでも取引可能で、手数料も比較的低めです。
FX(外国為替取引) レバレッジがかけられるので少ない資金で大きな投資ができます。よく初心者がカモにされます
色々な手法があって奥が深いです(自動売買、スワップ取引、ループイフダン、スキャルピング・デイ・スイングトレード等)
バイナリーオプション 「0」か「1」かの二者択一。未来の価格を当てにいくスタイルです。
FXとは違いその場で勝負が決まるので素人と玄人の差が出にくいです。
個人向け社債 リスクが少なく、満期まで保有すれば決まった利息が受け取れます。個人向け国債よりは、もう少しリターンを得たい人向けです。
個人向け国債 リスクがほぼなく、安全に資産を増やすことができます。銀行預金より利率が少し高いもので運用したい人向けです。長期が基本です。
不動産投資 安定した家賃収入があり、将来の不労所得や年金対策になります。また、生命保険代わりや節税効果などメリットは多いです。ただし、換金性は低いのが難点。あと地震も。
REIT
(不動産投資信託)
株式同様、東京証券取引所に上場されている不動産投資です。リスクも低めで、高い利回りの投資商品であるため、個人投資家から人気ですが、株取引同様価格の変動があります。
ソーシャルレンディング お金を借りたい人とお金を貸したい人をマッチングする仕組みです。リスクも低めで、一定の利回りのため、個人投資家から人気です。
iDeCo
(個人型確定拠出年金)
毎月一定額の拠出を行い、60歳以降に年金や一時金として受け取る制度です。様々な税制優遇がありますが、途中引き出しができません。
仮想通貨 仮想通貨とは、インターネット上でならどこでも誰でも使える通貨です。短期間で価値が何倍にもなりえる反面、大きく下落するリスクもあります。ただ、時代は仮想通貨(ブロックチェーン)に動いています。
世界で価値が共通の投資対象です。鉱物なので存在量に限りがあり無価値になることはないですが、預貯金や株式と違い、利息や配当を生みません。現在絶賛高騰中。
海外株式・社債 日本の証券会社からも購入できますが、手数量が高いです。できれば海外証券口座を開いて取引したいですね。
海外銀行定期預金 日本とは違い海外の銀行は~8%程度の金利がつきます。ペイオフ制度もあったりするので下手な投資より確実です。
その他 投資とは違いますが、お金を設けるという意味で。
Youtube、せどり、アフェリエイト、ネットワークビジネス、ライブチャット、治験、Lineスタンプ、フリーランスなどがあります。

以上のように、世の中には投資があふれています。

どれを選んで老後2000万資金を貯めたらいいのでしょう?

それぞれの投資方法について詳しく知りたい方はこちら

はじめての投資は「株主優待」以外ありえない

答えからいきますね。

はじめて投資される方また投資先に悩んでいる人は証券会社の口座をNISA枠で開いて株主優待をもらって生活をしてみましょう。

理由としては日本人の多くの人は「投資は怪しいもの・難しいもの」として捉えています。

さあ投資をやるぞ!と頑張って口座を開いて(1~2周間かかります)、そこでいきなり上記のFXや仮想通貨や投資信託を購入して、少しでも損をしたらたちまちモチベーションが下がってしまいます。

これではせっかくやる気になった投資が長続きしません。

大事なのは投資を生活の一部に取り入れることです。

株主優待券が年1回もしくは2回ほど来ますので、必ず生活の足しになります。(株の評価額が下がりマイナスになっていることはありますが)

これが投資が役立っているという認識になり、モチベーションアップに繋がります。

また家庭があるサラリーマン男性の方は、絶対株主優待にしてください。

株主優待でご飯にでも行けば奥さんの投資に対するハードルが下がります。
(↑メチャクチャ大事です。パートナーの同意がない投資は幸せになりません)

では証券口座をどこにするか、及び開設方法はこちらです。

国内証券口座は楽天証券で決まり!口座開設の流れについて。

2019.06.18

投資にはリスクが必ずついてきます。

下記記事にリスクの種類、回避する方法について記載していますので、是非読んでください。

資産運用リスクの考え方について

2019.06.25

株主優待で投資へのモチベーションが上がってきたら次に投資すべきは、「ソーシャルレンディング」です。

これは下記記事で紹介していきます。

ソーシャルレンディングとは?まずは理解からはじめよう

2019.06.20

トクシオ
一緒に投資生活をはじめましょう!