資産運用リスクの考え方について

はじめに

老後資金の貯蓄には、資産運用が有効な方法として注目されています。

しかしこの資産運用には、収益というメリットの他に「運用リスク」というデメリットも必ず付いてきます。

つまり、資産運用を行う際には、必ずリスクについても考えなければなりません。

では、どんな「運用リスク」があるのか?

資産運用には、商品によって内容が異なりますが必ずリスクが付いてきますので「運用リスク」として代表的なものを捉えていきます。

価格変動リスク

価格変動リスクとは、為替や株の市場価格の変動で、損失が出てしまうリスクのことです。

為替レートや株式の価格は、上がったり下がったりと日々市場で変動を繰り返しています。

この変動により購入時の価格を下回ってしまうと、損失が出てしまう危険性のことを「価格変動リスク」といいます。

企業の信用性や世界情勢に影響を受けやすく、特に値動きの激しい株式投資や仮想通貨などでは、その変動が大きくプラスに働くこともありますが、反対に多大な損失が生じる可能性も高いです。

金利変動リスク

金利が変動することによって、利息による収益が減るリスクのことです。

金融市場の金利が変動することによって、利息による収益が見込めなくなる危険性のことを「金利変動リスク」といいます。

このリスクに当てはまるのが定期預金や固定利付債券などの商品です。

利息による収益を目的とした商品には「固定金利」と「変動金利」があるのですが、この「金利変動リスク」を受けやすいと考えられるのが「変動金利」の商品です。

始めた時の金利よりもマイナスに変動すれば、大きく収益を減らすこととなってしまいます。

為替変動リスク

外貨レート(為替)の変動によって、損失が出てしまうリスクのことです。

外貨預金など日本円以外での運用商品では、為替市場の変動により元本割れを起こしてしまう危険性があります。

このリスクのことを「為替変動リスク」といいます。

市場が円高に振れると、為替損益が発生してしまうため、外貨建ての金融商品でこのリスクが一斉に高まってしまうのです。

円安に振れれば為替収益が発生し、大きなリターンも期待できますが、反対に多大な損失が生じる可能性も高いです。

リスクを回避するために、分散投資のすゝめ

投資をする際は、分散投資が基本です。

今、資金を500万円持っているとして、その500万円をすべて1社の株式購入に充てると、その会社が倒産した時にすべてを失ってしまいます。

もし、分散投資で5社に100万円ずつ投資をしていたら、1社が倒産しても4社分の株式は生き残り、破産することはありません。

これは極端な例ですが、実際の投資でも基本的な考えは同じです。分散投資のテクニックをいくつか紹介します。

ドルコスト平均法

投資信託や通貨などを、一定の「金額」ずつ積み立てていく手法です。

投資信託や通貨は値動きがありますが、毎月一定額ずつを積み立てていくと、基準価格が上がっている時は少なめに購入、基準価格が下がっているときには多めに購入でき、結果的により有利に投資できます。

ただ、ドルコスト法も万能ではなく、値動きがどちらかに一方的になると損をしてしまう投資法です。

毎月積み立てているからと安心し切らず、値動きに関してはしっかりと関心を持ち続けることが重要です。

ドルコスト法が有利に働くのは、ある一定の値幅で行ったり来たりすることが分かっている場合ですので、そのような相場が続いているなら、ぜひ取り入れてみてほしい分散投資のテクニックです。

預貯金、株式、債券への分散投資

リスクの高い投資とリスクの低い投資への分散投資も、基本的なテクニックです。

預貯金はあくまでもキープしながら、債券、さらには株式というリスクの高い投資にも挑戦していくことで資産は増えていきます。

この時覚えておきたいことが、債券と株式は一般的に動きが反対になることが多いので、両方に分散投資しておくと安心ということです。

この考え方は、たとえば為替取引でも同じで、ある通貨を売りと買いで両方持っておき、どちらかに大きく動いた方を活かしてもう一方は損切りすることで利益を確定する、という形でも行われます。

預貯金は、今も低金利のままなのでそこに置いておいても資産は増えませんが、元金がなくなることもないので最も安全です。

性質の違う市場でリスク分散をしながら投資をして、より多くの利益を上げる工夫が大事です。

違う分野の会社へ分散投資

同じ株式投資の中でも、さまざまな分野への投資が考えられます。

株式投資をする際、違う分野の会社へ投資しておくと、リスクが分散されます。

冒頭に説明した倒産リスクの話だけではなく、分野が違うと値動きも違うので、分散投資しておくと安心なのです。

例えば円高に傾くと一般的に輸出で利益を得ている企業は苦しくなり、輸入で利益を得ている企業は利益を得やすくなります。

その他、不動産関係や食品会社など、それぞれトレンドが異なる分野は多々あるので、分野が偏らないように投資していくのが大事です。

資産運用を途中でやめてしまうリスク

最後に、このブログで一番伝えたいリスクですが、いきなりハイリスクハイリターンの商品に挑戦したり、値動きがなさすぎて運用していることを忘れてしまうと、投資の感覚を学ぶ前に終わってしまいます。

まずは、株式で株主優待券を貰って株主優待生活をはじめてみてください。

下記記事に詳細を記載していますので、是非ご一読下さい。

結局何に投資すればいいの?まずは株主優待からはじめよう!

2019.06.16

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です