弊社は高断熱です!ってそれは当たり前なのでは?だって今2020年だよ

断熱とは?

断熱とは文字通り「熱」を「断つ」ことを意味します。

つまりは天井、壁、床、窓から熱が入ったり出たりすることを遮断します。

つまり断熱性能が高ければ高いほど熱の移動が起こりづらいので、熱源さえあれば冬あったかく、夏は涼しい家になるのです。

夏の2階の寝室はサウナのように熱くなっていたり、

寒い冬の風呂場で、凍えながら脱衣所にいたりしませんか?

あるあるだと思います。

ですが、これは当たり前なんではなくて、解決できるのです!

解決できるのです!(大事なので2回言いました)

自分はある程度大手ハウスメーカーの新築ではこういった減少はなくなるもんだとおもってました。

だって今2020年ですもん。

が、現実はあまくないようです。

新居で後悔したランキングでも、熱さ寒さによるものが多くを占めいています。

なんなく、営業マンの言われるままにウチは高断熱です!ここがすごいんです!というトークでごまかされ

夢を描いて実際に住んでみると、やっぱり暑かったor寒かった。

こういう事例が日本全国で今でも起こっているのが現実です。

何も知らないというのは怖い・・・

こうならないたいためには信頼できる会社を見つけ全てをまかせるか、自身が勉強するしかありません。

信頼できる会社を選ぶというのがまた一苦労。

結局自分で勉強するのが一番の近道なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です